About us原田園 茶葉のある日々

原田園の煎茶は全て深蒸し製法によって製造された荒茶を使用しております。
原料となる荒茶は、摘み取った茶葉を最初の工程の時蒸気で蒸します。
深蒸し製法とは一般的な蒸気で蒸す時間よりも長い時間をかけて茶葉を蒸気にあてます。
それにより葉、茎全体の内部まで蒸気が浸透して芯から蒸けた荒茶が作られます。
蒸けた荒茶は生っぽさがなくなり苦味、渋みが消え去ります。
煎茶加工の火入れ時、甘さを引き出す為の強火の火入れに耐える事ができ、
香り良い香気を引き立てます。

原田園は芯から蒸けた荒茶だけを見極めて原料として仕入れています。
全ての煎茶商品においてその荒茶を独自の強火火入れ製法を用いて、抽出しやすい
濃厚な味とほのかな甘味を引き出す事に趣を於いて商品に仕上げています。
その為水の色はやや黄色みを帯び茶葉の形状も細かくなっております。
見た目ではなく飲んだ時の味にこだわりました。
お客様がお飲みになった時にその滋味に納得していただけると信じて茶葉を製造しております。

印鑑

Slider

創業 一九六〇年
御茶処 静岡県掛川市最北部に位置する
原田園は地元の原里地区の茶葉を原料にして
独自の深蒸し掛川茶を製造し
全国の皆さまにお届けしています。
受け継がれた加工技術を礎に
三代目代表 榛村孝幸が
荒茶原料の仕入れからお茶の火入れ加工まで、
全ての工程をこなしています。
原里地区の大自然が育んだ緑茶から本来葉の持つ
自然な甘みを引き出す事を基本に掲げ
本物の深蒸し掛川茶作りに日々臨んでいます。
全国の皆さまに納得の
産地直送価格でお送りします。